​YouTube (making movie)

専門学校のレクチャー授業用に、アナログ画材を紹介をするメイキングムービーを作っています。

いくつか撮っていますが、授業以外で見せることがないので、短く再編集してUPしてみました。

映像や音の編集はまだまだ未熟でお見苦しいところもありますが、絵のできる過程を楽しんでもらえれば幸いです。(編集が不慣れで進みませんが出来次第UPします)

アクリル絵具メイキング(ドライブラシ技法)

水性のアクリル絵具は乾燥が早いので、グラデーションをつける方法の一つとして[ドライブラシ](カスレ描き)を多用して制作しています。

ドライブラシ技法は、チューブから出しほぼ水を加えない固めの絵具を筆で、画表面を撫でるようにカスレるように描きます、表面の凹凸の凸部分に絵具が乗って凹部分の下色がカスレ残るようなイメージで重ねます。

白無地キャンバスから描くのではなく、最初に下地色をカラフルに作ってからその上に、ドライブラシ技法やグレーズ(透明色を重ねる技法)で少しづつ形を出していく描き方です。

アクリル絵具メイキング(ブレンド技法)

油絵などではベーシックなブレンド技法を多用して描いてます。

乾燥の早いアクリル絵具に、乾きを遅くするメディウム(遅乾剤)を多めに混ぜて、画面上で乾く前に絵具を重ね塗り混ぜ、グラデーションや中間色を作る方法(ブレンド技法)を多用してます。

​パステル画材メイキング

「パステル画材」の作画メイキング。 

ソフトパステルを削って粉にして、指や擦筆(さっぴつ)で擦り込んで描きます。

安いパステルでも粉にすると、混色で色も作れるし、ハードパステルの直接描きより広範囲に均一にグラデーションがムラなく作りやすい。 

細部は、芯がパステルで馴染みやすい ”パステル色鉛筆”で描き、擦筆や綿棒でぼかします。

ハイライトは消しゴムで簡単に出せます。

粉で擦り込むと、描き始めはボヤッとしてきますが、メリハリのある部分はパステル色鉛筆でしっかりコントラストとシャープさを出せば柔らかさが引き立ちます。 

パステルは定着力が弱く、描きながらの修正がしやすのでアナログ画材の入門用には適した画材です。

​完成後はフィキサチーフ(定着剤)かけを忘れずに。

    Ⓒ2018 TsurukaiStudio.

    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now